いちから株式会社のブログ

働き方を考える就活動画メディア【Mover】を運営しています

就職を変える!Skyland Ventures木下さんに一蹴り食らってしまった

はじめまして

来週から、いちから株式会社CEOになる田角陸(たずみりく)です!

早稲田大学基幹理工学部に入り3年が経ち、同学年のみんなは就活の時期になりました。一方、田角は就活をせず休学し、学生起業するという選択肢を選びました。

 

株式会社ガイアックスインターンで出会った明治大学休学中の舟久保将礼(ふなくぼしょうらい)君がジョインして、働き方を考えるメディアMover / ムーバーを運営するいちから株式会社を設立します!!(正式登記は5月頭)

 

周りは就活生。面接では本音を言わず、本音は認知度や年収で選ぶ「世間や周りに認めてもらうため」という受動的な就活は間違っていて、本来なら心から「この企業で、こんなことがしたいから」であるべきじゃないかと。

 

受動的な活動は「耐え」ではないか?という思いがあった。

 

就活生をもっと能動的にしたい

 

→学生は働き方を考える時間が少ない

→検索でしか必要な情報が入ってこない

 

→就職ナビ等では大量エントリー大量採用で会社を選んだ理由は本音ではない。

→ダイレクトリクルーティングではオファーを受けた会社で働きたいと思わせなければ採用につながらない。

 

全て受動的。就活生の心を動かすべきだ。

 

という問題を掲げ

 

・働き方を考えるために必要な情報を検索せずともキャッチできるようSNS上に

・新聞や、ブログ、記事など長い文章ではなく、図やアニメーションを使って動画ですばやく簡単に

・その企業で働く意味やメリットが客観的な視点で伝わる就活動画メディア

を立ち上げよう!

 

本日早速、Skyland Venturesのミートアップで木下さんに事業アイデアを話しに行きました。

 

結果、一蹴り

 

「やめた方がいいんちゃう?」

 

めちゃめちゃ悔しかった。

 

反省点

・メディアでは市場規模が小さい

 →なんとなく採用までやりたいとは思っていたものの、3年後のビジョンが曖昧だった.

・僕らのリサーチ不足

 →人材メディアの市場規模も知らないでなんとなく行けそう感を持っていただけだった

・人材領域は甘くないぞ

 →ラッキーパンチが起こりにくい業界。論理を持ったサービスでないと成長は厳しい。

 

ひとまず、就職ナビ、ダイレクトリクルーティングのメリットデメリット、決算等まとめてインプットして、市場規模と勝ち筋の見える戦略を考えなければ。。。。。