読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちから株式会社のブログ

働き方を考える就活動画メディア【Mover】を運営しています

リブセンスはSEOに依存していたビジネスモデルを変革しブランド構築から中期的な成長へ向かおうとしている

本日は、早稲田大学の先輩であり「成果報酬型」モデルの求人媒体の運用で史上最年少上場を果たした村上太一さんが代表取締役を務める株式会社リブセンスの2016年12月期決算説明会資料からリブセンス成長の施策について分析する。

 

f:id:itikara:20170513133838j:plain

リブセンスはGoogleから検索ペナルティを与えられた

Netgeekの調査でリブセンスの運営するアルバイト求人サイト「ジョブセンス」が過剰なSEO対策で検索ペナルティを与えられた可能性があることが分かっている。

2013年の12月に突如、訪問者が右肩下がりになっているのが確認できる。おそらく、ここがGoogleからペナルティを受けたところであろう。もともと週間30万人を超えていたのがどんどん減っていき、20万人を切るようになっている。訪問者が2/3になったのだから業績には相当な影響があったはずだ。

netgeek.biz

実際、どれほどの影響を受けたのか?

売上には影響は出なかったが大幅減益

TVCMなどの広告宣伝に費用をかけることによってサイト訪問数の減少を止め、2014、2015年度の売上への影響は最小で済んだと考えられるだろう。では2016年度はどうなっているのだろうか?

f:id:itikara:20170513124732j:plain

売上高の推移から2016年度4Qの売上はYoYで5.7%であったことが分かる。対して、広告宣伝費はYoYで30.0%であった。広告宣伝費は上がっているのに売上が落ちている状況だ。

f:id:itikara:20170513131640j:plain

2014年1Q~3Qで営業利益は赤字であったが2015年4Qからは黒字を継続させることができており、2016年4Qでは114は百万円の営業利益となっている。

f:id:itikara:20170513123036j:plain

ではこの黒字化継続の要因は何だろうか?


広告出稿の効率化など生産性の向上策を打ち奏功

2016年12月期通期業績からFY2015では営業利益が7百万円からFY2016では515百万円へと回復していることが分かる。

f:id:itikara:20170513125536j:plain

これらから広告出稿の効率化など生産性向上の施策が奏功し大幅増益したと分かる。

今後の施策と成長は?


自社サイトの中期的ブランド構築費用のためプロモーションを億単位投資

2017年12月期業績予想(上半期)では中長期成長に向け投資を継続するとある。

f:id:itikara:20170513130932j:plain

広告費を効率化し黒字を継続できたことから更にプロモーションに投資することで通期での営業利益を増やし、ブランド構築から中期的な成長へと向かおうとしている。

 

株式会社リブセンス 2016年12月期 決算説明会資料より

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1442980